読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukapiyogaのつれづれなる日々

笑顔と癒しのヨガインストラクターユカピのブログ❤︎ヨガして自分を楽しもう!

都内各地で活動中のヨガインストラクターYukapiです♪
スケジュールなどはhttp://yukapiyoga.com/をご覧ください

今年もありがとうございました!

ヨガあれこれ

またまたあっという間の2015年!

引っ越して今の家で初めての年越し&新年を迎えようとしています

駆け足で始まった新しい土地でのママ業やイントラ生活で、少し慌ただしかったけど、いろんな方々に支えられて今のユカピがあります

当たり前だけど、同じ日など一日たりともなくって、良いことも悪いこともすべてに学びや気づきがありました

本当に感謝の気持でいっぱいです

ありがとうございました〜❤︎

f:id:yukapiyoga:20151231184910j:plain

 

さて、今年最後のこの投稿は、ユカピが大好きな<テンセグリティー・ヨガ>についてちょこっと語ります(〃艸〃)

f:id:yukapiyoga:20151217081331j:plain

ユカピはヨガを始めて、物事の考え方や捉え方が変わってきて、「嫌」と感じることが減ってきました。

以前はどちらかというと、瞬間湯沸かし器的に嫌なことに反応しては表面に出して、すぐに忘れる方だったのが、今はセンサーがあんまり「嫌」と感じないんですよね〜

それはそれでいいんです

いいんですよ

でもね!

本当の気持に蓋をしてしまって「嫌」と感じない自分になっていたところもあったんです!

そして、蓋をしてることにも気がついていなかったという状態

ヨガを始める前からの思考のクセみたいなものもあったと思います(´ー`A;) アセアセ

それってすごくアンバランス
自分が押されてるのに押し返してない感じ

(※テンセグでは引っ張り合うか押し合うかしないとバランスが取れません)

ユカピがテンセグが好きな理由の一つに、Off the matでのそういうバランスの取り方も学べるヨガだからというところがあります

なぜ、テンセグでパーソナルスペースとか人間関係のバランスが取りやすくなるのか?

最初は不思議に感じてました(‘ε’)?

言葉は悪いかもしれないけど、キレイゴト並べるヨガと違って押すとこと引っ張るとこときちんと感じさせてくれるからなのかもしれません
(ここはアタマだけで知ろうとせずに、実際のクラスを受けてカラダから感じていただけると一番わかりやすいです!)

 

さらにユカピは、年末の528hz音叉ヒーリングの養成講座を受けて、自分の奥底にあるモノに気がつかせてもらえたから余計にそう感じます!

「嫌は嫌」でいいんです

そう感じる自分を「そうなんだね〜」っていたわってあげればいい
でないと、押されるばかりで自分が潰れてしまいます

ココロとカラダの広がりが深い呼吸を作り出して、それが日々の生活に繋がっていく

今年このヨガを伝える側になれたこと、教えてくださったACOさんに心からに感謝します(人´∀`)❤︎

 

 最後まで読んでくださってありがとうございました!

皆様良いお年を❤︎